ROSEの読書感想文

読んだ本とかWeb小説の感想を書くよー

恐怖の構造 (幻冬舎新書)

 恐怖について感覚的に考察する一冊です。
 
 ホラー作家の方が主に主観で恐怖を考察するのですが、例に出される作品が既にマニアック過ぎて相当触れてこないと理解できないのではないかと思いました。
 
 興味深いのは蛇に対する恐怖についてです。
 地を這うから、手足がないのに動くから怖い。心理的な嫌悪があるという説です。
 先日読んだ「恐怖と不安の心理学」では蛇に対する恐怖は「本能に刻まれている」「人類が長年蛇と戦ってきたから」という説がありました。
 つまり、蛇は見た目でも嫌悪され、生命の危機として本能に刻まれているから恐怖する人が多いのでしょう。
 
 帯に書かれている「日本人形はなぜ怖い」という謎については不気味の谷現象だと作者さんの考えが添えられていますが、個人的にはやや納得がいかない部分になりました。
 
 エクソシストやサイコなど有名な映画を例に恐怖について語る内容もあるのですが、もっとマニアックな作品も多々登場し、その映画を観てみようと思っても配信すらされていないからハードルが高い。というような例が多いです。
 ネタバレになるから語れません→詳細確認しようとしても作品がみつかりません
 みたいな構造ですね。
 
 ヒッチコック作品について語られている部分は嬉しかったです。
 
 ホラー創作の参考になるかという部分は、ひとつだけ「ホラーというジャンル」で参考になるかなと思ったのが、「気の緩みを作る」という点です。
 最初から最後まで死体がバンバン登場するぜって映画はインパクトはありますが、途中で飽きます。というか、過剰過ぎてコメディにしか見えません。
 ホラー映画でこのシーンは必要なのかというような日常シーンだとか、見間違えで安心するシーンが挟まるのは「気が緩む瞬間」を作ることでその後の恐怖が際立つという手法なのでしょう。
 あとはもう他の創作論の本で散々語り尽くされた内容だったかなと思います。
 最後の対談はなくてもよかったかなというのが正直な感想です。
 
 作者さんのファンでその生い立ちなどに興味がある人は序盤の生い立ちストーリーなどをとても楽しむことができるのではないかと思いましたが、名前を知っている程度でそこまでのファンではなかったので、期待した内容とかけ離れていた期待外れの一冊だったかなと思いました。

友人と寝てはいけない (キャラ文庫)

 だいぶ前に購入したセットに入っていた一冊です。
 タイトルがインパクトあるなと思ったのですが、主人公達の年齢が少し高めで高校時代から続く友人同士の組み合わせの現代物でした。
 
 主人公と友人は共に社長子息、バイセクシャル(これは本当に? と疑問)など共通点が多いのですが、それぞれ別に関係を持っている人間も男性ということで、元々ゲイ寄りなのかBLジャンルで女性を出したくないのかと悩む部分でした。
 友人から関係を持つ話なので、それぞれに割り切った関係とはいえ別のお相手がいるのが苦手という人はたぶん中盤くらいでリタイアしたくなるかなと思います。
 
 実家の事業がヤバいからと、主人公(受け側)が友人に助けを求める時に借りを作りたくないからヒートアップして肉体関係に発展という感じなのですが、今まで読んだBL作品と違い葛藤するシーンがあり、そこは好感を持てました。
 主人公の父親が、息子がゲイだと聞いて激怒みたいな話も出てくるので、これこれ、欲しいのはこーゆーのだよと思ったのですが、それ以外にはわりとあっさり受け入れられている感じがするのでもう少しこの方面の悩みとかが欲しいなと思いました。
 初めから両方がストレートではないと断言している作品もたぶん初だったと思うので、そこは新鮮でした。
 
 主人公がいい歳になっても家族との関係で悩んでいたりするのも新鮮だったのですが、唐突に登場した美形(攻めの元お相手、主人公はわりとタイプ)に主人公が理不尽な暴力を受けるシーンがあるので苦手な人は苦手かもしれません。
 
 意外と大事だなと思ったのが、主人公達の仕事で医療にかかる前の予防に力を入れようみたいな話が出てくるところですね。現在もかなり言われている部分ですが、なかなか実行に移すのが難しい部分です。そして作者さんのコメントに「健康の話」ばかりしているというような内容が書かれていたのでぴったりな部分だなと感じました。
 
 
 もう十年少し前の作品なのですが、古くささは感じなかった作品でした。
 

殺人鬼探偵の捏造美学 (講談社タイガ)

 真相を【捏造】する探偵。
 
 とんでもない探偵だな。と思うのですが【殺人鬼】探偵なんですよね。
 本編の主人公は新米刑事の女性なのですが、物語自体の主人公はこの殺人鬼の方といってもいいでしょう。
 この作品は【連続殺人鬼】が【探偵】という珍しい構造をしており、しかも推理するように装い真相を捏造するのが自分がやらかした事件というとんでもない探偵ですね。
 新米刑事は丸め込まれてもそんな真相で納得できるか! というような推理を披露されたあとの第二の種明かしが仕込まれた構造になっています。
 そう考えると主人公(刑事の方)は細かいこと結構気づいている割に真相に一歩届かない惜しいキャラですね。シリーズなら彼女が大活躍して真相に届くこともあるのかもしれませんが、続刊は出ていないようなので単発作品なのでしょう。
 
 制服を着れば女子高生で通じてしまうような童顔な主人公は囮捜査の格好のまま警察手帳を見せて現場に入ろうとしても玩具だと思われ摘まみ出されそうになるだとか細かい部分でキャラ立ちしているなと思ったのですが、その後彼女の外見に関する容疑者などの突っ込みはなく残念でした(スーツ効果?)
 
 真犯人が最初からわかっているタイプの作品なので、推理に当たる部分は真犯人が誰に罪をなすりつけ、どういう状況で事件が起きたことにするのかといったところでしょうか。
 
 容疑者全員クズという誰がロストしても全く心が痛まない親切(?)構造ではありますが、主人公の過去を考えると探偵のクズっぷりが際立ち過ぎて早く捕まれと祈らずには居られません。
 
 警察の情報が筒抜けすぎる情報屋など気になる部分も多いのですが、その辺りはキャラクター小説と割り切れば、探偵の美貌で誤魔化されているのだなと無理矢理納得します。が、あの情報屋、探偵だけでなく殺人鬼側でも協力者なんですかね? という疑問が残っています。
 殺人の助手が探偵の助手はそれでありな気もしますね。
 連続殺人鬼の犯行隠匿を協力する情報屋、表向きの探偵行為にも手を貸す助手。
 ありですね。
 
 連続殺人鬼は謎の拘りが多い、自分の手順を儀式化するから署名的な行動が必ずあるというのはプロファイリングの本などでもよく見かけるのですが、署名的な行動の為に事件を捏造するというのは面白いので、続刊が出るなら読みたい作品です。
 

怪異探偵の喰加味さんは悪意しか食べない (富士見L文庫)

 巻き込まれ型助手と変人探偵の組み合わせのファンタジー系作品です。
 
 タイトルに「探偵」がついていますが「怪異」「探偵」なので所謂ミステリとは別物で、ファンタジー探偵というところでしょうか。
 
 騙されやすい主人公(人間)と人外探偵という組み合わせというのは珍しくはないのですが、キャラ立ちがはっきりしており、テキストも読みやすかったです。
 
 一番好きなポイントは人外が存在する世界なら現実世界では不可能な手段も使えるというアイディアをそのまま活かせている作品だったと言うことでしょうか。
 怪異事典をパラパラ捲るような楽しみがあり、以外と怪異にも人間味があるのが面白い作品でした。
 ただ、妖怪系知識、怪異系知識が多すぎると先に登場する怪異がわかってしまいただの答え合わせで終わってしまう可能性があります。有名どころが多かったかなというのは少し残念ポイントです。
 
 今作の主人公はわりとジミニー・クリケットポジションですね。人外と人間の組み合わせになるとどうしても人間相棒が良心になるという構造でしょうか。
 
 主人公自体なにか過去にあったと思わせる描写が冒頭からあるのですが、そこを中盤で回収されていますが、そこまで重要ではなかった描写かなと感じました。
 
 作中で一番好きだったエピソードは弓道女子たちのパートでしょうか。
 弓道女子かっこいいよね。というだけでなく、部活(サークル活動)のレギュラー争いというまさに青春というような事件で、爽やかそうなシチュエーションの裏にどろどろな感情が潜んでいるという部活あるあるのような部分が非常に好みでした。
 
 人間もいろいろ、妖怪もいろいろ。それぞれ個体差があるというのもいいですね。
 善悪がはっきりしすぎていないというか調和を取ろうとしているようなのは日本らしい作品なのかなと感じました。
 
 シリーズ作品かな? と思ったのですが、どうやら単発のようでした。
 
 

心中探偵 蜜約または闇夜の解釈 (幻冬舎文庫)

 タイトルインパクトがあり、期待値が高すぎたかなというような一冊でした。
 
 主人公が心中したはずの相手だけ死んでしまい、自分が心中した相手は死んだ女性ではなかったというところから始まる奇妙な話ではあるのですが……。
 
 主人公がクズ過ぎてこいついっそ犯人に殺された方がよいのでは?
 犯人、ついでにこのクズも殺してやってくれ。
 となるクズっぷりです。
 好感度0どころかマイナスに吹っ切れるタイプの主人公って珍しいですね。と言いたくなる主人公でした。
 
 死にたい。でもひとりじゃ死ねない。
 みたいな甘ったれた金持ちぼんぼんのクズ主人公は心中に憧れる作家(既婚者)で、担当編集は振り回すわ女と見れば見境なく手を出すわなクズ(美形、金持ち)というどの層向けかわからないタイプですね。
 まだなろうハーレムものの方がマシと感じてしまう次元でした。
 そして、タイトルに「探偵」とつくからにはミステリとして見るとどうなのかというと……これも微妙ですね。
 ここにこう書いてあったでしょタイプのアレですが、主人公の好感度が低すぎて回答編でも「ふーん。で?」という感想しか抱けなかったので、主人公を始末してくれる人を全力応援したくなります。
 
 作中に度々心中ものの話が出てきますし、主人公の心中失敗エピソードとかも太宰治かな? 人間失格かな? 思ったりもするのですが、恥の多い生涯を送ってきました。と語ってくれるだけ人間失格の方がマシと言ったところでしょうか。
 
 度々作中作で主人公の作品描写が挟まれるのですが、こちらもあまり好きになれない描写でしょうか。
 唐突に現れる「黒猫」も必要だったのだろうかと疑問を抱きます(作者さんの別作品の登場人物のようですがそちらは未読)。彼の登場シーンはメインキャラが調べてもあまり変わらなかった気がします。
 
 こんな問題児主人公に甘すぎる親も見捨てきれない嫁も含めて登場人物が誰一人好きになれないタイプの作品でした。
 

噓つきは殺人鬼の始まり SNS採用調査員の事件ファイル (宝島社文庫)

 タイトルインパクトがある作品。
 タイトルもですがラストもインパクトはありました。
 
 SNSの裏アカ探しをするネット探偵という職業と、就活失敗が裏アカ特定のせいだと乗り込んでくる行動力ありすぎるヒロインの時点で惹き込まれました。
 いや、裏アカ作る方が悪くない?
 SNSなんて誰からでも見られる部分よ?
 インターネットよ永遠に(クリミナル・マインドであったやつ)という感じで、一度ネットに投稿した物は消せないというリテラシーが問われるようなテーマですね。
 
 主人公はネカノ(オンライン上のみの彼女)の写真を利用して囮アカウントを複数所持する、多額の借金を抱え嫁や娘が居るのに収入がアレな仕事しかしていないだとかクズはクズなのですが、押しかけアルバイトになったヒロインも中々のクズっぷりで登場人物クズばっかりかよと言いたくなるほど濃い面子です。
 主人公の嫁(後に離婚)の交際相手も問題のある人物だし、丁寧な借金取りもわりとすぐ暴力に出るタイプだったり。
 殺人鬼が霞むレベルの濃さですが、殺人鬼も中々えげつないことをしています。グロ苦手な人はやや注意でしょうか(それでもグロメインではないので僅かな描写ですが)
 
 一見押しかけアルバイトなヒロイン(助手)の方が探偵役で探偵が表向きの探偵(無能)なタイプの作品かな? というくらい、主人公のネット探偵が頼りない事ばかりやるのですが、中盤からスイッチが入ったのか、クズ探偵が意外とまともに活躍したことに驚きつつ、探偵二人タイプの作品なのかな? と思いました。が(……真相はネタバレだから書けないが衝撃)
 
 強かな年下美女に引っ張られるダメなおっさんという組み合わせが好きなら中盤までは楽しめるはずです。後半から結末にかけては本当に好みが分かれる話になると思います。
 個人的には嫌いではないエンディングでした。
 
 ホラー映画の話がちょこちょこ登場するのでホラー好きはそこも楽しみポイントになるかもしれません。
 
 借金取り、暴行のヤバい人だけど結構人間味があるようなキャラで、個人的には彼が一番好きな登場人物でした。
 
 ミステリとサスペンスの中間というような作品だったかなと思います。
 
 

引きこもり賢者、一念発起のスローライフ 聖竜の力でらくらく魔境開拓! 1 (MFブックス)

 転生じゃないチート系なのに能力あんまり使わない系主人公のそこそこまったりしたファンタジー作品です。
 
 シスコン(重度)の主人公が難病の妹を救うため聖龍の眷属になり、人間を捨てて数百年……開拓に来たヒロイン達と出会い、文明に感激するという謎に苦労人度の高い主人公です。
 これ系にしては親切なナンバリングされたタイトルですが、わりとキリのいいところで終わっていました(が、妹どうなってるという謎は残る)
 
 主人公の行動動機が妹>食べ物>生活向上というような感じで、妹が最優先、おいしいものは食べたいけど、人間が住む場所ではないレベルの小屋生活でも特に不満は抱かない、まさに仙人のような主人公で、しかも眷属なのでちゃんと聖龍様に従う意志があるという部分が今まで読んできた作品と違い面白いなと思いました。
 ゴーレムやエルフなど他の作品にもよく出てくる要素も主人公の無駄チートやハーレムに活用されることがなかった点も好感でした。
 
 終盤が他領地との戦いになりやや物騒ですが、それ以外は比較的スローライフ系で、主人公は数百年食べていなかったパンに感動したり、肉を食べたいが為に協力したりと開拓者に(食べ物で釣られて)協力していくような関係がほっこりします。
 基本的に主人公は善人で子供や女性のために怒ったりできるタイプですが、なにより妹が最優先、しかもヒロインの先祖が残した資料にまで「シスコン」と書かれているという設定がもう面白いですね。
 聖龍様がフランク過ぎて威厳がないのを主人公がなんとか威厳を持たせようと奮闘するのも新鮮でした。
 
 主人公が地形を変えられるレベルのチート能力を使えるのに、あくまでヒロイン達開拓者のサポート程度しか力を使わないという点も新鮮で、続刊でもこの路線で続いてくれたらいいなと思った作品です。
 
 主人公以外とは会話出来ていない聖龍様が今後他の登場人物と会話をするのかも気になるポイントになりました。
 
 あと聖龍様のイラストかわいいですね。